ハイレシプロ精密研削盤 IGシリーズ

ハイレシプロ精密研削盤カタログ(イプロスからダウンロードできます。)

ハイレシプロ精密研削盤の動画

ハイレシプロ精密研削盤の特長

  1. テーブル急反転で研削能率がアップします。
  2. ワークの発熱、カケ・ヤケ・ソリが少ないです。
  3. 定位置反転と無振動により、カキ上げ研削が得意です。
  4. 砥石の摩耗が大幅に少ないです。
  5. 注水、吸塵、ペーパーフィルターを標準装備しています。

イワシタの研削盤の強み

  1. 一般の研削盤と違い、小型部品を高能率で加工することに適しています。
  2. 精密超硬金型部品を製作するプロファイルグラインダーと比べると非常に安価です。
  3. 1m四方に納まるコンパクトな設計になっています。
  4. 超硬、セラミックなどの難削材の小型部品を得意としています。

ハイレシプロ精密研削盤を使って製造されるもの

※今までの納入実績例として多いもの

  • 半導体パッケージ内のリードフレーム製作に用いる精密超硬金型部品
  • 半導体パッケージの不要なリードをカットする精密超硬金型部品
パンチ

ハイレシプロ精密研削盤で加工できる素材

  • 超硬、セラミック、アルミ、鉄、樹脂などの素材に対応します。
    ※その他の素材についてはご相談ください。

基本仕様

テーブル作業面の大きさ
(左右×前後)
150×102mm
テーブル移動量(左右) 10~100mm
砥石移動量(前後) 100mm
テーブル上面から砥石軸
中心までの距離
105~245mm
テーブル最大積載重量 7kg
反転回数 MAX.1,000/min
砥石軸回転数 3,180min-1
制御装置 FANUC Series 0i MODEL

ハイレシプロ精密研削盤カタログ(イプロスからダウンロードできます。)

特別仕様

  • 簡易型はね上げ式カバー
  • 砥石軸回転数10000min-1仕様
  • パトライト
  • 前後上下スケールフィードバック
  • 任意加工・自動荒取加工機能

highrecipro_special_photo

基本的なご注文の流れ

  1. お問合わせの後、加工物の素材、大きさ、加工内容からベースとなる機種を選定いたします。
  2. お客様と仕様の詳細について打ち合わせをさせていただきます。
  3. 打ち合わせした内容を元に機械の提案図、仕様書を提出させていただきます。
  4. 提案図、仕様書を元にお見積りをいたします。
  5. ご注文の確定後、納期に基づき資材手配を行い、製造を行います。
このページのトップへ