門形マシニングセンタ IMTシリーズ

main_imt
IMT1230(※写真は特殊仕様を含んでおります。)

門形マシニングセンタカタログ(イプロスからダウンロードできます。)

門形マシニングセンタの動画

テーブル固定、主軸移動の動きをご覧いただけます。

門形マシニングセンタの特長

  1. 一般の門形マシニングセンタと違い、テーブル固定で門形の主軸部が移動し、省スペースです。
  2. 大物材料のエンドミル加工、穴開け加工、タップ加工をするのに最適です。

門形マシニングセンタを使って製造されるもの

  • 船舶の窓枠、公園遊具部品、立体看板

門形マシニングセンタで加工できる素材

  • アルミ、鉄(一部条件があります。)、樹脂、ステンレス、石英ガラス、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)などの素材に対応します。
    ※その他の素材についてはご相談ください。

基本仕様

テーブル寸法 1300×3100mm
主軸の左右移動量 3000mm
主軸の前後移動量 1200mm
主軸の上下移動量 300(150~450)mm
早送り速度(左右) 20000mm/min
早送り速度
(前後・上下)
15000mm/min
主軸モーター 3.7/5.5kw
主軸テーパ BT40
主軸回転数 80~8000min-1
ATC工具収納本数 16本
制御装置 FANUC0i-M

特別仕様

  • 真空吸着テーブル
  • 主軸高速回転仕様(ビルトインモーター)15000rpm
  • エアーブロー
  • 移動式操作盤
  • 切削油装置
  • パトライト
  • 指定色

imt_special_photo

門形マシニングセンタカタログ(イプロスからダウンロードできます。)

基本的なご注文の流れ

  1. お問合わせの後、加工物の素材、大きさ、加工内容からベースとなる機種を選定いたします。
  2. お客様と仕様の詳細について打ち合わせをさせていただきます。
  3. 打ち合わせした内容を元に機械の提案図、仕様書を提出させていただきます。
  4. 提案図、仕様書を元にお見積りをいたします。
  5. ご注文の確定後、納期に基づき資材手配を行い、製造を行います。
このページのトップへ